上手にレジ打ちをこなす方法やコツ

簡単に出来そうなイメージのレジ打ちはアルバイトやパートの募集も多いので、自分でもやってみたいと思っている方も多い事でしょう。少しずつ作業を覚えていくと、段々出来るようになってきたと自信も付いてくるのですが、その一方で油断もしやすいので再度復習をする気持ちで気をつけてキーの配置を見直したり、自分の手順を自己流になっていないかチェックしてもらうのもおすすめです。お客様もいろんな方がいるので、怖そうに見えたりすると焦ってしまうので笑顔を忘れずに品物に集中する事も意外に重要になってきます。キーの配置も品物の入れ替えなどがあるときには再度見直すようにして、常に今日が初めてなのだというような気持ちで立つ様にして緊張感も保ちながら仕事をするようにしましょう。

機械の位置や操作の仕方を復習する

レジを使っていると、指の動きも慣れてきてついいつもの動作で押したりする事も増えてくるでしょう。微妙に配置が変わったりしている事もありますし、急いでいて雑にお金を入れたりすると小銭やお札が詰まったりする事もありますので、丁寧に作業をする事を心がけましょう。バーコードの読み取りをする事もたくさんありますので、品物を良く見てさっとバーコードを見つけられるようにしておくことや、機器の使い方も定期的に復習しておくようにしましょう。自分で出来る見直しなどはしておく事に越した事はありませんし、もしも作業中に分からない事が出てきたら、他のスタッフや先輩に随時確認しておかないと、打ち間違いをしてしまう事にもなりかねません。値引きなども注意したいポイントなので、しっかりと間違いのない作業が出来るようにしましょう。

会計の前後の事も考えて作業をする

レジを打つ時には、その品物やお客さんに集中していてひたすら買い物かごからかごへと移動させるのに夢中になってしまう事もあります。まずは間違わない作業をする事が重要なのでそれも大事な事ですが、余裕が出来たら品物を通す前にかごの中を簡単にでもチェックして、順序良く作業をしていくと会計後もかごの中がすっきりとしますし、お客様も袋詰めが楽にしてもらえます。また、最近は支払い方法も現金だけでなくカードも当たり前になりつつありますし、お店によってポイントカードなどの発行もしているため、声かけもしっかりと行ってお客様に気持ちよく買い物をしてもらえるようにしましょう。お金のやり取りだけでなく、お客様と実際によく向かい合う機会が多いのはレジのスタッフなので、挨拶や笑顔も忘れずに添えて作業をしてみて下さい。