レジ打ちをする際に注意したいポイント

バイトなどでレジ打ちをする際、慣れている場合には、打ち間違えなどは少ないでしょうが、まだ、不慣れな時期には、エラーなどがでるとあせってしまうものです。また、お店が混雑している状況でのミスは、お客様からのクレームなどにつながってしまうこともあるため、できるだけミスをしないように、日々、心がけていくことも大切です。また、失敗をおそれてレジ打ちを避けてしまうのはよくありません。自分以外にもバイトの方がいてその人がやってくれるかもしれませんが、自分でも積極的に会計などをすることで、経験を積むことも必要です。できれば、慣れていないからこそ積極的に会計をしていくことで、さまざまなミスをしながら、その状況を回避するための能力をつけていくことが重要です。

あわてずにしっかりと正確に対応

レジ打ちが不慣れな方は、接客をすること自体がちょっと苦手という方もいます。お客様に対しての対応をしながら、会計をするということは、慣れていないうちは少し難しいことかもしれません。ですが、あせってしまうとミスにつながるため、まずは落ち着いて対応をするということが重要です。しっかりと手順をふみ、お客様に対しての対応、そしてミスのないようにしっかりとバーコードのスキャンをして金額をきちんと確認、お釣りなども確認を忘れずに行うことも重要です。また、お客様から何かいわれたりした場合には、しっかりと受け答えをすることが大切なため、会計中の場合には、お客様の要望などの内容にもよりますが、優先すべきかどうかの判断も重要です。状況に応じて臨機応変に対応していきましょう。

マニュアルなどもきちんと読んでおく

お店によってもレジ打ちの操作などもいろいろと違いがあります。さまざまなものに対応することが多いお店などでは、操作などもそれなりに多くなるため、仕事の休憩中などには、マニュアルなどもきちんと目を通しておきましょう。研修などを受け、その時に一通りの操作などを習っているかもしれませんが、たまにしかしない操作などは、いきなり会計時などにいわれてしまうと、ちょっとあせってしまい、うまくいかないこともあります。そのため、ちょっとした時間の合間などに、定期的にいつもしないような操作などはマニュアルなどで確認しておくことで、どのような状況であっても対応することができることができます。自分への自信にもつながり、また、通常時であってもどのようなことでも対応できるという自信があれば、あせることもなく、ミスの軽減にもつながります。