まずはレジ打ちとはどんな仕事かを説明します

販売系の仕事に就く方、またコンビニなどでバイトなどをする方もいるでしょう。普段何気なく利用しているお店などの場合には、買い物時にレジを通ります。その時に、店員さんが慣れた手つきでレジ打ちをしているのをみて、あんなにいろいろなボタンがあるのに、よく特に混乱せずにスムーズに会計ができるなと感心している方もいるでしょう。ですが、ある程度なれてしまえばわりとスムーズに操作はできるものです。実際に体験してみると理解できますが、ある程度経験を積めば、比較的誰でもできることなので、もし、販売系の仕事などを探している方で不安を感じている方もいるでしょうが、そこまできにせずに積極的に仕事を探してみるといいでしょう。まだ経験がない場合であっても、最初の時点でいろいろと手順などは職場の先輩などが教えてくれるため安心です。

接客をすることもそれなりに大切なこと

レジ打ちをする場合には、お客様の会計をするということです。もちろん、商品などをお客様が持ってきているので、それを計算し、そして金銭のやり取りをすることになります。この時に、打ち間違え、また、つり銭などの渡し忘れ、間違いなどがないように注意することも大切です。ミスをすると、お客様とのトラブルにつながるため、金銭のやり取りをする際は慎重に行うことが大切です。また、接客も重要です。会計をすることだけが仕事ではなく、お客様が不快な気分にならず、気持ちよく買い物ができるように、会計時には愛想よく、そして丁寧に応対しましょう。ただ、金銭のやりとりをして、商品を袋につめて渡すというのではなく、買い物をしてくれたことによる感謝の気持ちをこめながら、接客、そして会計をすることが大切です。

クレームなどにもしっかりと対応する

レジ打ちをしていると、ちょっとしたことでお客様とトラブルになることもあります。仮に、お客様が原因のトラブルだったとしても、感情的にならず、丁寧な対応をすることが大切です。言い合いになってしまうと、お店側にも迷惑がかかってしまうため、できるだけ、丁寧にそして出来る限りお客様の不満を軽減できるように対応していくことが大切です。また、クレームの内容によっては、責任ある立場の方を呼びにいくことも大切です。自分で処理しきれる範囲のクレームならば問題ありませんが、状況によっては、自分だけの判断では後々のトラブルになることもあるため、トラブルの状況判断が重要になってくることもあります。さまざまな状況に柔軟に対応し、会計時にお客様が気持ちよく買い物を済ますことができるような対応を常に心がけていくことが大切です。

多段テーブルはガラス天板と木製天板を取り揃えております。 ディスプレイもできるカウンターはレジ台にもおすすめです。 ネット什器を使ってさまざまな商品ディスプレイが可能です。 ディスプレイ用テーブルは木製からアイアン製まで幅広く取り扱っております。 LEDの照明付き木製フィッテングルームも新登場。 木製のコーナー台はレイアウトに合わせて組み合わせ自由でおすすめです。 レジが格安で購入できちゃう!